MENU

依頼の際にかかる費用はメリットも含めて考える

弁護士はボランティアではないので、相談は無料であるとしても解決のための依頼をするとなると費用がかかります。必要な費用は案件や内容によっても変わり、例えば多くの相談がある借金問題の債務整理であれば、整理の方法や債権者の数によって弁護士費用は変わります。

 

自己破産のように一つの手続きで一律でいくらと決められているものもありますが、借金問題の解決に多く用いられる任意整理においては、債権者の数や債務総額によって弁護士費用が変動するものです。多くの債権者があればそれだけ弁護士側でも多くの手続きや手間が必要となるので、その分だけ費用がかかってしまうのです。

 

弁護士費用は数千円といった少ない金額ではなく、任意整理であれば大体は債権者1件あたりで3万円~5万円程度となっているので、複数借りている方にとっては弁護士費用が高く思える場合もあります。しかし、弁護士で解決の依頼をすれば任意整理を行うとなると利息は今後は発生せず、面倒で手間がかかる債権者との話し合いも任せられるため、総合的に考えると決して高いとはいえないのです。

 

また、弁護士費用は今すぐに支払わなければならないわけではなく、今現在は手持ちが無いといった方のために後払いや分割での支払いにも対応をしてくれるものです。すぐに支払わなければならないわけではないので、弁護士費用は決して一概に高いとはいえません。

 

高いと感じてしまって費用が安い弁護士を選ぶと、解決のための能力が不足しているなどの問題に直面する可能性もあります。費用だけでは決められないのが弁護士となるので、借金整理であるとしても債務整理の費用だけでは弁護士を選ばないようにしましょう。