MENU

借りてしまった借金が返せない状況になった場合には

理由はともあれ、とにかく多くの借金を抱えてしまって返済が難しくなった場合には、そのままにしておくのではなく早めの対処が必要となります。返せないからと借金をそのままにしていると様々な問題が生じる可能性があり、特に気をつけるべきは差し押さえによる強制執行です。

 

差し押さえとなると給与所得を得ている方は毎月の給料から一定割合まで取られてしまうので、それこそ大変なことになります。会社にも借金が返せていないことがばれてしまうので、問題はさらに大きくなってしまう場合もあります。

 

さすがに差し押さえもすぐにされるわけではありませんが、差し押さえになる前には督促状が届いたり、訴状が届いたりと何らかのアクションがあるものです。普段の催促状とは異なる書類が届いた際にはとにかく早めに安全に解決をするための行動に移すようにし、問題を大きくさせないことが重要です。

 

借金は返せない期間が長くなれば、その間の分だけ利息も遅延損害金もかかります。負担がとにかく大きくなってしまうので、返済ができない、借金が返せないと判断できた段階で早めに解決をするようにしてください。そのうち何とかなると放置をしていると債務も膨れ上がってしまうため、早い段階での弁護士への相談などの対処が必要となるのです。

 

弁護士に相談をして借金解決の依頼をしてもらうと、債権者との直接の交渉はしないままで借金問題の解決もできるようになります。まずは詳しい内容を債務整理の無料相談で確認をしておき、どのような手順で払えない借金を片付けるのか聞いてみると良いでしょう。