MENU

事故の被害に遭ったときの示談対応も任せられる

加害者となってしまった場合には話は別ですが、交通事故の被害者となってしまった方は対応をしてくれる弁護士に相談をすることで示談も任せられるようになります。被害者と加害者側の保険会社を相手にする示談においては、どうしてもスムーズには進みづらいために被害者が損をしてしまう場合も多いものです。

 

理由としては単純に保険会社が多くの賠償金を支払いたがらないためで、交通事故被害者の怪我が大きいとしても、支払う賠償金は少なくしようとしてきます。

 

保険会社としては多くの賠償金を支払うと自社の懐が痛むので、できることなら多くのお金は支払いたくないと考えています。そのために保険会社は過去の事例から被害者側が不利になるようなものを持ち出し、示談において保険会社が有利になるような進め方をしてきます。

 

多くは交通事故の被害者が素人のために保険会社になめられてしまい、知らず知らずのうちに不利な条件での示談へと進んでしまうのです。

 

過失の割合にもよるものの、基本的に交通事故の被害者が受け取れる賠償金は、弁護士に示談の依頼をした方が多くになります。事故の状況や怪我の程度、障害などによっては当初の提示する金額よりも何十倍にも膨れ上がる可能性もあるため、交通事故の被害に遭ってしまった方はまずは弁護士の無料相談で話を聞いてみることをおすすめします。

 

現状の提示されている示談内容が正しいのか、妥当であるかの確認もしてくれるので、被害に遭ってしまった方は下手に示談を進める前に交通事故の無料相談を弁護士の下で行うべきなのです。